静岡市の画材屋フランドルの中の人のブログです。画材や額縁、美術に関する情報などを発信していきたいと思います。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
インクテンスと市川俊一個展in 喫茶リバー

先週7日から喫茶店リバーにて、ボスこと市川俊一の個展が開かれています。

色々な画材で描かれたドローイング中心に、瀬名川沿いの静かなカフェでゆっくりご鑑賞いただければ幸いです。

 

19日火曜日まで。 10:00〜17:00

【リバー】 静岡市駿河区国吉田1丁目4−3 054-261-1132

 

写真は準備中のものですが、最近のボスのお気に入り

ダーウェントのインクテンスブロックを使用してあります。

   

インクのように透明で鮮やかな発色を幅広い範囲で使用できるブロックは、鉛筆よりも大胆で自由な表現を引き出します。

最大の特徴は乾いたら耐水性になること!

水溶性パステル・色鉛筆は多々あれ、この特色は他にはありません。

水で濡らした面に筆で取って置くと、びっくりするぐらい溶けるのも素敵。

なかなか面白い画材です。

詳しい使用感は、ぜひ店頭でボスに直接お尋ねください^^

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

公募展のお知らせ

日中の暑さも増してきましたが、まだ風は心地よく、梅雨に入る前束の間の爽やかな陽気が続いていますね。

早いもので来週はグランシップにて第28回静岡女流美術協会展の搬入があります。

女流協会さんは展示室内の写真撮影がNGなので資料として残している写真がないのですが、いつも自由な作風なのが印象的。

 

今年は県立美術館のギャラリーが改装中のため、これが終わると県内規模の公募はしばしお休み、8月にダダっと始まります。

2年ぶりに県展も静岡開催になりますので、公募展に挑戦される方は大忙しの夏になるのではないでしょうか。

(まるで他人事のような火の車けんぢょです……)

 

 

●第55回 静岡県美術家連盟展


 会期: 平成30年8月1日(水)〜8月5日(日)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住する方(高校生以上)

 

 出品料:4000円
 搬入日:7月30日(月)
  ※搬入出代行料は大きさによって変わります

 

 作品サイズ:平面作品は30〜100号(Sは不可)以内

 出品種目によって制限が違いますので、詳しくはお問い合わせください

 

 

●第46回 静岡県油彩美術家協会展


 会期: 平成30年8月8日(水)〜8月12日(日)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住・勤務・通学する方

 

 出品料:3000円
 搬入日:8月6日(月)
  ※搬入出代行料は大きさによって変わります。

 

 作品サイズ:30〜S60号以内

 

 

●第68回 静岡県水彩画協会展


 会期: 平成30年8月22日(水)〜8月26日(日)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住する満16歳以上の方。
 
 出品料:4000円
 搬入日:8月20日(月)
 ※搬入出代行料は大きさによって変わります。
 
 作品サイズ:20〜S50号以内
 

 

●第58回 静岡県芸術祭ふじのくに芸術祭2018
 会期: 平成30年11月3日(土)〜11月14日(火)※美術部門
 会場: 静岡県立美術館 展示室(美術) ※写真・書道部門は要綱をご参照ください
 対象: 静岡県在住者または在勤者もしくは出身者(出生、学校卒業者)で、満15歳以上の方(中学生は含まれない)

 出品料:3000円 

 搬入日:30年10月29日(月) ※宅配不可
 搬入出代行料(往復):大きさによって変わります。
 

 出品申込期間: 平成30年6月18日(月)〜9月10日(月) ※当日消印有効

 作品サイズ:M30〜S100号以内 

 大きさや会期は部門によって違いますので、詳しくは募集要項または上記リンク先をご参照下さい。

 

 

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

小川眞弘作品展

ギャラリー十夢にて開催中の小川さんの展示に行ってきました。

  

いつもどこかひっそりとした、温かみのある静物を描かれる小川さん。

今回は静岡の展示ではあまり発表していないというリズミカルな抽象の作品もあり、全体の優しい雰囲気と相まって、初夏の爽やかな昼にピッタリの展示となっていました。

一見版画のような精密さの鉛筆画も必見です。

13日(日) 16:00まで。

 

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

あっという間に3月です

本日から第30回 全国絵画公募展 IZUBIの展示が始まります。

今年の大賞は焼津の甲賀さんということで、久しぶりに県内出品者の受賞となりました。

当店で搬入させていただいた作品の入選もいくつかあり、嬉しく思います。

 

先日スペース十夢の横井先生とお話をさせていただきましたが、公募展をきっかけに、県内でも展示活動をしてくれる作家さんがもっと増え、若い層にも関心を持ってもらえるような活気が出ていったら良いですねとお話をしました。

というわけで、十夢さんの今年のサムホール展は一味違います^^

ホームページをぜひチェックですよ〜→こちら

 

定例公募展の日程も出ましたので、次の記事でまたまとめますね。

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

公募展のお知らせ

2018年早くも2週間を過ぎました。

けんぢょは年明け早々インフルエンザを罹患してしまい、あたふたしている内に…という感じです。

かなり流行っているようですので、先日センター試験を終えたばかりの受験生はもちろん、皆さまあたたかくしてお気をつけください。

 

以下は来月に搬入を控えた公募展のお知らせです。

既に出展をお考えの方はご準備をされている最中だと思いますが、年度末にあたり、どこかで力試しを考えてらっしゃる方などいらっしゃいましたらどうぞ。

 

ロゼシアター公募展 新進アーティスト作品展 Vol.16 Art Generation 2018
 
 対象: 静岡県出身者及び在住・在学・在勤の 18歳〜35歳までの方 (H29.4.1現在)
 会期: 平成30年3月3日(土)〜3月11日(日)
 
 出展申込み締切:平成30年2月12日(必着) 

 出品料: 1000円
 搬入日: 30年2月25日(日)

 ※高校生の部もあります!(出品料不要)

出品サイズ:平面作品はS100号(162.1cm以内)まで。詳しくは上記リンクをご参照ください。


明日をひらく絵画 第36回 上野の森美術館大賞展
 会期: 平成30年4月27日(金)〜5月8日(火)
 会場: 上野の森美術館 
 
 出品料:1点=15000円、2点=20000円、3点=25000円
 搬入日:平成30年2月24日・25日
※搬入代行の場合は、これより前に作品を受け取る形になるため、必ず事前にお問い合わせ下さい。
 搬入出代行料:サイズによって異なります。仲介の形を取るため、当店ではご自宅への受け取り・引渡しを承る形になります。

 大きさは、50号(116.7×72.7cm)以上S100号(162.1×162.1cm)以内。

 S100号斜め掛けは不可・重さ20kgまでです。
 詳しくは上記リンクをご参照ください。

 

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

本年もありがとうございました。

本日、年内最終営業日です。
年始は5日9:00より、暦に沿って開店いたします。

本年も格別のご愛顧を賜りまして、誠にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

年明けは15日にすこやか長寿祭、23日に油彩美術家協会中部展、31日にIZUBIの搬入が控えております

搬入出をご依頼の方はお問い合わせください。


※尚、お休み中もけんぢょのトランクマーケット及びWeb注文は稼動しております。
 取り寄せ商品の場合はお時間かかる場合もありますが、
ご入用の方は下記までお問い合わせください。
 mail★frandle.net(★部分を@に変更)

 

*************

私事ですが、今年は家族が増え慌ただしい毎日を過ごしております。

乳幼児を抱えての生活は尊さや可愛らしさに胸を打たれる反面、儘ならないことも増え、

世の子育て作家の方々の逞しさに敬服するばかりです。

また一方ではご家族の事情で自身の時間が取れず、描ける内にできるだけ描くというお話も聞いています。

「制作ができない」場合というのが己に拠るものばかりではないことを改めて実感し、

描けるありがたさと、描けない後ろめたさを同時に感じずにはいられない一年でした。

来年はもう少し、これをさっぱりと振り返ることができる一年にしたいなと思った次第です。

 

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

奥田紫光 水墨画・日本画展 -白と黒・墨は語る-

本日より沼津市庄司美術館にて開催されます。

水墨の繊細な濃淡が、控えめに差し込まれた色彩と相まって、静けさと暖かさをたたえた画面を構築しています。

千本松原の広大さと海風を感じられる場所に建つ美術館です。

秋の散策に、ぜひどうぞ^^

 

 

ATC mini*O.10・静岡

(画像はARTs*LABoさんの告知ページより引用させていただきました)

ひとつ前の記事でご紹介させていただいたARTs*LABoさんの、静岡2回目のイベントです。

告知画像の準備が整ったということで、改めて。

普段は東京を中心に公募テーマ展の企画をされているARTs*LABoさん。

アマ・プロ問わずの作家間交流や、画廊より気軽にアート作品に触れらる場として人気です。

イラストレーションが中心とあって若い方でもとっつきやすいのがその理由でしょうか。

小さな作品でもきちんと額装した作品を展示されるので、自分の絵がマット付きの額に入り飾られた時の高揚感、それらを購入し手元で愛でる楽しさを、普段はアートに親しみのない層でも構えること無く体感できるのがとても現代っぽいなと、和気藹々とした交流を見ていて思います。

私もATCの額装用ハガキ額、こんな感じで作ってみました。

アートイベントで静岡が選ばれることも珍しい機会ですので、ご興味を持たれた方、ぜひ^^

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

 

 

みきぐち 個展 「夢の縁取り 叶える彩り」

浜松市在住のイラストレーターみきぐちさんの個展『夢の縁取り 叶える彩り』が東京の文房堂カフェギャラリーで開催中です。

(画像はご本人のTwitter告知より引用させていただきました)

ご縁があって何度か額装を受けさせていただいているのですが、今回、DMにも使われたこちらの作品の額装をさせていただきました。

とても繊細で幻想的な作品なので、優美さを残しつつ、メインビジュアルとしての存在感を出せるようクラシカルな額と装飾マットカットで合わせています。

今回は原画をお預かりせず、納品まで全てメールのやりとりのみで済ませているので額装完成品を拝見していないのですが、展示のご様子を伺っていると、会場の雰囲気にもよく溶け込んでいるようで良かったです。

 

会期は明後日24日まで。けんぢょは明日伺わせていただく予定ですので、とても楽しみです^^

 

そしてみきぐちさんは来月静岡でも特別展の予定があります!

若い方を中心に人気のあるARTs*LABoさんの企画展『ATC mini*O.10・静岡』にて、展示と共に画集の制作も進行中とのこと。

美しく複雑な色彩は是非とも原画をご覧ください。

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

はじまりのアトリエ〜にわか雨 Act2〜

静岡市七間町のオリオン座跡に移転したCCC(静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター)にて、4人展『はじまりのアトリエ〜にわか雨 Act2〜』が開かれています。

昨年の夏にグランシップにて行われた現代アートのグループ展メンバーが、母校の静岡美術学院アトリエ内の風景を再現した展示をしています。

原野さんのWebサイトにお写真が→→

 

昨日行われたアーティストトークとワークショップにはけんぢょは参加できなかったのですが、21:00まで開館の社会人に優しい時間設定がありがたいです。

 

展示期間は24日まで。

アトリエでも来訪者を迎える彼(?)が写真にチラリしていました…会いに行かねばっ!

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき