静岡市の画材屋フランドルの中の人のブログです。画材や額縁、美術に関する情報などを発信していきたいと思います。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自作マットを作ってみました。 | main | IZUBIの搬入に行ってきました。 >>
増井淑乃展「海はみえるか」
駿府博物館にて本日から開催される展示、増井淑乃展「海はみえるか」の内覧会に行ってきました。

ポスターに使われている作品がとても爽やかでしたので、きっと白っぽい明るい空間に並べているのだろうと予想して伺ったのでした。が。そういえば新しくなった駿府博物館の壁は、挑戦的な深紅でした(笑)
赤い壁格好良いですよね…でも展示室でそのチョイス、すごいです。
抑えられた照明の下、すこしドキッとするような空間に飾られた鮮やかな色彩群は、ひらめくような美しさが有りました。
昨日は撮影の許可が出ましたので、少しだけ載せさせていただきます。
  
増井さんご自身とも画材のお話を随分とさせていただいたのですが、1枚目の作品、緑は1色だけで描いたのだそうです。
ずばり、シュミンケ・ホラダム水彩絵具の力を見せつけられたような作品。
単一顔料を丸々充填した濃い絵具ならではのレンジの広さはさすがです。
日本画を学んでこられた方と聞いて納得の、余白の開放感が鑑賞者を引き込む、静かで心地よい作品でした。

県内出身で活躍されている若手作家の凱旋展覧会は、2012年から企画され行われています。
本格的な作家活動を展開するには何かと難しい当県ですが、こうした場と機会を提供されることで、特に若い世代の方への刺激になり、地元美術の振興に繋がっていってくれたら嬉しいなあと思いました。


JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき
COMMENT