静岡市の画材屋フランドルの中の人のブログです。画材や額縁、美術に関する情報などを発信していきたいと思います。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 芸術の秋、記録いろいろ | main | 公募展のお知らせ >>
芸術の秋、記録いろいろ□追記しました!
11月になりましたが、引き続き10月の記録いろいろです。

平面芸術とは少し離れて、2010年から開催されている年2回のクラフトイベント「ARTS&CRAFT 静岡手創り市」にも行ってきました。
   
生憎の雨であまり写真は取れなかったのですが、丁寧な仕事の磁器とガラスの作品を購入しました。
9月〜11月にかけて県内はクラフトイベントが盛んで、浜名湖御殿場、静岡、川根富士と続いています。
(ちなみに、12月には県工芸家協会展もあります。)

クラフトイベントには平面作家の方も参加されていたりするので、静岡のような地方でも、ギャラリー以外での発表機会が増えてきたのはいい傾向ですよね。
掛川の横須賀街道で毎年開かれているちっちゃな文化展にも行ってきたので、また後ほど追記で写真をアップします。

********
※↓↓追記しました。写真を撮らせていただいた作家様方、その節はありがとうございました!
 八木恵子さんの日本画。
絵の時より少しだけ大きくなったモデルのお子さんと一緒に座ってらして、私も8ヶ月の姪っ子と一緒に回っていたので、びっくりして思わず話しかけさせていただいたのでした。
院展で入選された作品ということですが…乳児を抱えての日本画制作…すごいです…っ!
12月には東京でのグループ展も控えてらっしゃるとのこと。若い方が静岡でファインアートを頑張ってくださるのは画材屋としても嬉しいですし、頼もしいです。
どうぞこれからも頑張ってください〜^^
 丹羽勝次さんのインスタレーション。
写真がうまく撮れなかったのですが、薄暗い古い倉庫に差し込む光と並べられた木材のある空間の、しんとした雰囲気が、要素としては日常なのに不思議な場所になっていました。(もっとぼうっとした光なんです…残念…)
去年も同じ場所で同じ要素を使った展示をされていましたが、整然と並べられた去年の空間を踏まえての、破壊の意味での今回の展示ということで、変わらずにある倉庫(=普遍)を軸に時間を飛び越えた(=変化/破壊)ような気持ちになりました。
そしてその場にいる我が姪(赤ん坊)…シュールで面白かったです。
 寺田佳子さんのインスタレーション。
やっぱりうまく写真が撮れなかった…と思ったら、様子がわかりやすいレポートがWebにありましたので、勝手ながらリンクを繋がせていただきます。 
けんぢょは寺田さんの平面作品のファンなのですが、積み重ねから生まれる偶然性という点がインスタレーションでも共通しており、寺田さんのフィルターを通して紡がれる言葉が面白いなあといつも拝見させていただいています。
「したっしたっ」って、具現化させちゃうんだ… 笑
圧巻のしたっでした^^

******

アートイベント関連としては11月には静岡市でストフェスがあります。
いずれもファインアートでの参加者さんは少ないですが、自分の手を使って作品を生み出す楽しさを知る機会・お気に入り作家の作品を購入し、応援する文化がもっと広がると良いなぁと思っています。


JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき
COMMENT