静岡市の画材屋フランドルの中の人のブログです。画材や額縁、美術に関する情報などを発信していきたいと思います。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 記録いろいろ | main | 現代書道のモダン額装 >>
大人のためのデッサン講座 <静岡美術学院LIVE2015 移動教室in金座ボタニカ>
本日、大人のためのデッサン講座に参加してきました。
 けんぢょはあまり良い作例にできなかったので、講義の様子と展示期間中に制作されていた望月先生の石膏デッサンをば…。背景の空間感と、手前に垂れていた紐の存在感がすごいです。

正確さを求めるのではなく”らしさ”を描くをテーマに、平面作品だからこその表現方法を考える講義です。
写真のように”整えられた”写実ではなく、無意識に働く整合性を意識的に崩し、象徴化された写実性による”描かない”具象表現。三次元のモチーフの持つ歪みやゆらぎを二次元にどう落とし込むかという考え方を体験しました。
画面に線を引くこと、球を感じさせることから空間のあり方を発見し、空間の中に存在するモチーフを表現の為に入れ込むこと=コンセプト=構図ということを学んだ二時間。

一般社会人が論理的な美術論を体験できる機会は少ないので、とても勉強になりました。
17日の研究会で秋山先生が仰っていた、描く力とは見る力であり観る力であるという言葉からもわかるように、絵を描く力と絵を理解する力は互いに作用していて、絵をより楽しむためにも画面の「理解」は必要です。
けんぢょは不勉強でその辺が全然足りないので、もっと色々なことをちゃんと知りたいなと思いました。

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき
COMMENT