静岡市の画材屋フランドルの中の人のブログです。画材や額縁、美術に関する情報などを発信していきたいと思います。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 公募展のお知らせ | main | 増田常徳展-70年の旋律- >>
銀座への個展搬入に行ってきました。

先月の終わりに、彫刻家とさかますみさんの個展の搬入に銀座へ行ってきました。

乳白色ベースの柔らかな色調の作品が、軽やかに、静かに、空間と調和します。
個展は銀座8丁目のyyギャラリーにて、明日6日まで。

けんぢょは初めて東京の搬入についていったのですが、銀座通から1本外れた場所にあるギャラリーは老舗和食店の2階という立地で、ちょっと隠れ家的な雰囲気。並びにも何件もギャラリーが続いていて、ぶらぶら梯子するのも面白そうでした。
表通りにも画廊がたくさんありますが、どこの通りを歩いてもギャラリーがあるのは地方都市から見たら羨ましいですね。

同時に、静岡のお教室でお世話になっている色鉛筆画の先生のアトリエにも寄らせていただきました。
Atlier SYOKOさんではちょうど東京の教室展を開かれている最中で、作品がぎっしりと並んだ店内は壮観でした。
   
アトリエが入っているのが、高架下を利用したクリエイター長屋のような場所で、帽子やアクセサリー、革製品のアトリエなど、これまたぶらぶら歩いたら楽しそうな横丁で、今度は個人的に遊びに行きたいなあとワクワクしました。

京都にもクリエイター長屋やアパートメントがあったりしますが、芸術振興の形としては、作り手にも受容側にも取っ付き易いのでとても有用だと思います。
地方でももっと増えてくれたら、作家の主要都市集中が軽減されるんじゃないかなと思うのですが。

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき
COMMENT