静岡市の画材屋フランドルの中の人のブログです。画材や額縁、美術に関する情報などを発信していきたいと思います。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
今後の県内公募展について

先日ひとまず、新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言が解除され、商業施設や学校の再開の目処がたってきました。

北海道のような第二波への警戒も怠ってはいけませんが、道行く車や人が、少し増えてきたように感じられます。

 

さてその中で、表題にあります今後の県内公募展に関して、現時点で決定しているスケジュールをまとめておきます。

先にTwitterでは呟きましたが、まず今月の静岡県美術家連盟展および静岡市民文化祭美術展が中止となりました。

 

6月3日よりグランシップで予定されていた静岡県女流美術協会展 中止

7月7日より県立美術館で予定されていた静岡県油彩美術家協会展 中止

7月21日より県立美術館で予定されていた静岡県版画協会展 中止

8月18日より県立美術館で予定されていた静岡県水彩画協会展 中止

 

展示ではありませんが、7月25,26日で予定されていた静岡市美術家協会主催の夏季市民美術講習会も、今年は中止が決定しました。

 

10月7日より県立美術館で予定されている静岡県日本画展

12月5日よりクリエート浜松で予定されているふじのくに芸術祭美術展

3月に富士ロゼシアターで予定されている新進アーティスト展は開催予定です。

スペース十夢さんの8月の恒例サムホール展も、万一展示がなくなっても審査は行うとのことで伺っております。

 

絵描きは発表してこそ、と仰る方もいるように、度重なる中止で情熱が迷走されている方も多いと思いますが、十分な準備期間が与えられたとポジティブに転換していただき、一層充実した作品制作ができると良いなと考えています。

新しい挑戦に際して何かご相談などあれば、どうぞどんどんお声掛けくださいませ。

 

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

公募展のお知らせ

何かと息苦しい日々が続きますが、段々と日差しが暖かくなり、植物が勢いを増してきました。

不安に押しつぶされそうになってしまう中で、芸術のもたらす心の潤い、安らぎは絶対に必要です。

美しい音楽に癒やされた時、鮮やかな花々に心が晴れた時の感動など、今だからこそ描き留めることができるものがあるかもしれません。

 

新しい年度に向けて、県内の公募展の募集が集まってまいりました。

よろしければ、思いの丈を作品に昇華してみてください。

 

●第57回 静岡県美術家連盟展


 会期: 令和2年5月13日(水)〜5月17日(日)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住する高校生以上の方
 
 出品料:1種目1点につき4000円(高校生2000円)※各種目には1人1点まで

 搬入日:5月11日(月)
 搬出日:5月18日(月)
 ※搬入出代行料は大きさによって変わります。
 
 作品サイズ:30〜F100号以内(※S80号は不可)
 種目:油彩・水彩・日本画・版画・彫刻・工芸・造形・ミクストメディア
 
 

●第18回 静岡市民文化祭美術展


 会期: 令和2年5月27日(水)〜5月31日(日)
 会場: 静岡市民文化会館3階・4階展示室

 対象:静岡市内に在住または通勤している満16歳以上の方
 
 出品料:1種目1000円 ※各種目には1人1点まで

 搬入日:5月26日(火)
 搬出日:5月31日(日)
 ※搬入出代行料は大きさによって変わります。
 
 作品サイズ:6〜S100号以内
 種目:油彩・水彩・日本画・版画・彫刻・工芸・造形 
 

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

宗野幸雄 個展「安倍奥の詩」

山の画家 宗野幸雄展「安倍奥の詩(うた)」

しずおか焼津信用金庫本店1F ギャラリーゆめ空間

AM9:00~PM3:00(土日祝休廊)

3月19日(木)まで

 

   

以前、学校・予備校に次ぐ第三の教育拠点として画材店の必要性をお話してくださった、宗野幸雄さんの個展を観てきました。

展示作業を当店でさせていただいたので内容は承知しておりましたが、改めて、山々の雄大さと清麗な空気にリフレッシュさせていただきました。

近くで見ると抽象画のような色彩の集合体が、少し離れるとくっきりと山の稜線を形作る様が圧巻です。

銀行内のギャラリーゆえ平日のみの開廊なのが惜しいですが、ぜひ生で体感していただきたいと思います^^

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

公募展のお知らせ

今月より募集受付開始しました。

 

●第42回 静岡県日本画展


 会期: 令和元年10月9日(水)〜10月14日(月)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住または勤務する満16歳以上の方。
 
 出品料:小品部門:2000円、大作部門:3000円 

     (学生は小品1500円、大作2000円)

 

 搬入日:10月7日(月) 
 ※搬入出代行料(往復)は大きさによって変わります。
 

 出品申込締切: 9月15日(日)

 作品サイズ:小品部門:6号〜25号 大作部門:30号〜100号 いずれか1点

 

先日、スペース十夢さんのサムホール展の受付を済ませてきた折、日本画作品が増えたというお話をちらっと聞きました。

確かに、特に若い作家の割合が目につくような気がします。

時間とお金が洋画以上にかかるジャンルですが、ミクストをうまく取り入れて制作されている方が多い印象も。

小品の部があるのも良いですよね。

 

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

公募展のお知らせ

●第47回 静岡県油彩美術家協会展


 会期: 令和元年7月10日(水)〜7月15日(月)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住・勤務・通学する方

 

 出品料:4000円
 搬入日:7月8日(月)
  ※搬入出代行料は大きさによって変わります。

 

 作品サイズ:30〜S60号以内
 

 

●第69回 静岡県水彩画協会展


 会期: 令和元年8月21日(水)〜8月25日(日)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住する満16歳以上の方。
 
 出品料:4000円
 搬入日:8月19日(月)
 ※搬入出代行料は大きさによって変わります。
 
 作品サイズ:20〜S50号以内
 

 

●第59回 静岡県芸術祭ふじのくに芸術祭2019


 会期: 令和元年11月24日(日)〜12月1日(日)※美術・写真部門
 会場: 静岡県立美術館 展示室(美術) ※書道部門は要綱をご参照ください
 対象: 静岡県在住・在勤者もしくは出身者(出生、学校卒業者)で、満15歳以上の方(中学生は含まれない)

 出品料:3000円 ※高校生または19歳未満の方は500円

 搬入日:11月18日(月) ※宅配不可
 搬入出代行料(往復):大きさによって変わります。
 

 出品申込期間: 6月18日(月)〜10月10日(木)当日消印有効 ※美術展

 作品サイズ:M30〜S100号以内 

 大きさや会期は部門によって違いますので、詳しくは募集要項または上記リンク先をご参照下さい。

 

 

この他、まだ要項はありませんが

8月6日〜8月12日に第84回 静岡県版画協会展

10月9日〜10月14日に第42回 静岡県日本画展

が開催されます。

 

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

YOSENABE 絵画の寄せ鍋展3

 

 
ビエンナーレで行っている絵画の寄せ鍋展、今年も始まりました。

けんぢょとボスも参加して、年齢もジャンルも様々で遊び心のある展示となっています。

呉服町の静銀ギャラリー四季にて。 10月31日 16:00までの開催です。

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

公募展のお知らせ

お盆後半はゲリラ豪雨な通り雨が各地で大変でしたね。

依頼されていた個展の搬入出がどうなることかと思いましたが、なんとか止むタイミングが合って、スムーズに進めることが出来て良かったです。

お店は本日より通常営業を開始しております。

県日本画連盟の募集要項も届きましたので、来週に迫った水彩画協会展のおさらいと合わせてお知らせしますね。

日本画展、県芸術祭(県展)は事前の申込締切がありますのでご注意ください。

 

●第68回 静岡県水彩画協会展


 会期: 平成30年8月22日(水)〜8月26日(日)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住する満16歳以上の方。
 
 出品料:4000円
 搬入日:8月20日(月)
 ※搬入出代行料は大きさによって変わります。
 
 作品サイズ:20〜S50号以内
 

 

●第41回 静岡県日本画展


 会期: 平成30年10月3日(水)〜10月8日(月)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住または勤務する満16歳以上の方。
 
 出品料:小品部門:2000円、大作部門:3000円 

     (学生は小品1500円、大作2000円)

 

 搬入日:29年10月1日(月) 
 ※搬入出代行料(往復)は大きさによって変わります。
 

 出品申込締切: 9月15日(土)

 作品サイズ:小品部門:6号〜25号 大作部門:30号〜100号 いずれか1点

 

 

●第58回 静岡県芸術祭ふじのくに芸術祭2018
 会期: 平成30年11月3日(土)〜11月14日(火)※美術部門
 会場: 静岡県立美術館 展示室(美術) ※写真・書道部門は要綱をご参照ください
 対象: 静岡県在住者または在勤者もしくは出身者(出生、学校卒業者)で、満15歳以上の方(中学生は含まれない)

 出品料:3000円 

 搬入日:30年10月29日(月) ※宅配不可
 搬入出代行料(往復):大きさによって変わります。
 

 出品申込期間: 平成30年6月18日(月)〜9月10日(月) ※当日消印有効

 作品サイズ:M30〜S100号以内 

 大きさや会期は部門によって違いますので、詳しくは募集要項または上記リンク先をご参照下さい。

 

***********

今年も水彩画協会主催の秋の講習会の募集が届きました。

ワンコインでとても参加しやすい講習会ですので、ご都合の合う方はどうぞ。

 

●水彩画実技講習会

 

日時: 平成30年10月21日 9:15〜15:30 (雨天実施)

会場: 清水テルサ7階大会議室 (写生地はテルサ及び清水港周辺)

対象: 高校生以上のどなたでも。

参加費: 500円

部門: 抽象表現、静物、石膏デッサン、風景写生、人物素描

 

昨年は高校の美術部生徒さん方がグループで参加していたようでした。

高校生でも気軽に参加できるのは良いですよね^^

事前申し込みは不要ですが、詳細の書かれた要項は店頭にあります。

 

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

公募展のお知らせ

日中の暑さも増してきましたが、まだ風は心地よく、梅雨に入る前束の間の爽やかな陽気が続いていますね。

早いもので来週はグランシップにて第28回静岡女流美術協会展の搬入があります。

女流協会さんは展示室内の写真撮影がNGなので資料として残している写真がないのですが、いつも自由な作風なのが印象的。

 

今年は県立美術館のギャラリーが改装中のため、これが終わると県内規模の公募はしばしお休み、8月にダダっと始まります。

2年ぶりに県展も静岡開催になりますので、公募展に挑戦される方は大忙しの夏になるのではないでしょうか。

(まるで他人事のような火の車けんぢょです……)

 

 

●第55回 静岡県美術家連盟展


 会期: 平成30年8月1日(水)〜8月5日(日)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住する方(高校生以上)

 

 出品料:4000円
 搬入日:7月30日(月)
  ※搬入出代行料は大きさによって変わります

 

 作品サイズ:平面作品は30〜100号(Sは不可)以内

 出品種目によって制限が違いますので、詳しくはお問い合わせください

 

 

●第46回 静岡県油彩美術家協会展


 会期: 平成30年8月8日(水)〜8月12日(日)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住・勤務・通学する方

 

 出品料:3000円
 搬入日:8月6日(月)
  ※搬入出代行料は大きさによって変わります。

 

 作品サイズ:30〜S60号以内

 

 

●第68回 静岡県水彩画協会展


 会期: 平成30年8月22日(水)〜8月26日(日)
 会場: 静岡県立美術館 県民ギャラリー

 対象:県内に在住する満16歳以上の方。
 
 出品料:4000円
 搬入日:8月20日(月)
 ※搬入出代行料は大きさによって変わります。
 
 作品サイズ:20〜S50号以内
 

 

●第58回 静岡県芸術祭ふじのくに芸術祭2018
 会期: 平成30年11月3日(土)〜11月14日(火)※美術部門
 会場: 静岡県立美術館 展示室(美術) ※写真・書道部門は要綱をご参照ください
 対象: 静岡県在住者または在勤者もしくは出身者(出生、学校卒業者)で、満15歳以上の方(中学生は含まれない)

 出品料:3000円 

 搬入日:30年10月29日(月) ※宅配不可
 搬入出代行料(往復):大きさによって変わります。
 

 出品申込期間: 平成30年6月18日(月)〜9月10日(月) ※当日消印有効

 作品サイズ:M30〜S100号以内 

 大きさや会期は部門によって違いますので、詳しくは募集要項または上記リンク先をご参照下さい。

 

 

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

小川眞弘作品展

ギャラリー十夢にて開催中の小川さんの展示に行ってきました。

  

いつもどこかひっそりとした、温かみのある静物を描かれる小川さん。

今回は静岡の展示ではあまり発表していないというリズミカルな抽象の作品もあり、全体の優しい雰囲気と相まって、初夏の爽やかな昼にピッタリの展示となっていました。

一見版画のような精密さの鉛筆画も必見です。

13日(日) 16:00まで。

 

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき

あっという間に3月です

本日から第30回 全国絵画公募展 IZUBIの展示が始まります。

今年の大賞は焼津の甲賀さんということで、久しぶりに県内出品者の受賞となりました。

当店で搬入させていただいた作品の入選もいくつかあり、嬉しく思います。

 

先日スペース十夢の横井先生とお話をさせていただきましたが、公募展をきっかけに、県内でも展示活動をしてくれる作家さんがもっと増え、若い層にも関心を持ってもらえるような活気が出ていったら良いですねとお話をしました。

というわけで、十夢さんの今年のサムホール展は一味違います^^

ホームページをぜひチェックですよ〜→こちら

 

定例公募展の日程も出ましたので、次の記事でまたまとめますね。

 

JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき